pixta_50556048_XL_edited.jpg

弁護士紹介

 
寳光井プロフィール_edited_edited.png

代表弁護士

寳光井 英彦

Hidehiko Hokoi

 

当事務所の代表、寳光井弁護士は、国内の最大手級企業からの数多くの依頼案件を担当してきました。また、主要な外資系金融機関を依頼者とする案件に業務経験がございます。

弁護士として全世界50か国以上の案件を担当してきたほか、国際条約交渉の外交官として、アメリカ政府やEU政府などの諸外国との条約交渉を担当した経験もございます。

 

これまで、国内および国際M&A、資産数千億円規模の国際的ファンドの組成、資産数千億円規模の証券化商品の信託銀行カウンセル、米国金融機関の破産財団を相手方とする国際訴訟、知的財産ファンド組成など、さまざまな案件を主任しております。

■ 学歴

慶応義塾大学法学部法律学科卒

スタンフォード大学ロースクール卒(LL.M.)

 職歴

​2004年

弁護士登録、アンダーソン・毛利法律事務所入所。ドイツ銀行法務部、新生証券法務部等に出向勤務。経済産業省所管の流動化協議会金融法制WG委員

​2009年

イギリス法律事務所Eversheds ロンドン本社勤務

​2010年

Eversheds アラブ首長国連邦・カタール支店勤務。帰国後、アンダーソン・毛利・友常法律事務所に復帰

​2014年

外務省入省。内閣官房事務官を併任し、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)知的財産分野交渉を補佐

​2015年

外務省経済連携協定交渉官。欧州連合、カナダ、トルコ各政府との経済連携協定における企業法分野、知的財産分野、競争法分野、電子商取引分野の交渉を主任。また、トルクメニスタン、アゼルバイジャン各政府との国際投資条約の交渉を主任

​2017年

日本財団国際フェローとしてスタンフォード大学に派遣

​2018年

国立大学法人京都大学 産官学連携本部勤務。法務部門長及び京都大学オープンイノベーション機構法務クリエイティブマネージャー等を歴任

2020年

当事務所を設立。京都大学産官学連携本部・法務参事に就任

 著作

「金融商品取引法の諸問題」(商事法務2012年)*

「遂条解説投資法人法」(金融財政事情研究会2012年)*

「注釈金融商品取引法(第2巻)業者規制」(金融財政事情研究会2009年)*

「銀行業務検定試験受験受験対策シリーズ金融商品取引3 級」(2008年経済法令研究会)*

「金融機関のための金融商品取引コース(TEXT2)」(2008年経済法令研究会)*

「Investment management business −recent developments in the regulatory framework in  Japan」 The Euromoney Global investment Funds Review 2013*

「各国のコーポレート・ガバナンス(第25回)アラブ首長国連邦(UAE)」(月刊監査役No.617)

「中東のハブ、アラブ首長国連邦への進出と法務」 (金融法務事情2012年3月25日号)

​(*は共著)

山下(横向き)_edited.png

パートナー弁護士

山下 晃男

Akio Yamashita

理系学部出身の山下晃男弁護士は、知的財産分野に専門性を有する弁護士として知的財産関連法務(国際ライセンス契約等)、治験、臨床研究契約等の医学系案件に経験を積んでおり、薬機法、GCP省令、臨床研究法、ES細胞やPS細胞に関わる医療規制その他の医療情報機関連規制に特に高い専門性を有しております。

また、医療ビックデータ案件の合弁契約等の企業法務案件にも経験を有している他、年間30件以上の英文契約を担当するなど、国際契約への対応も積極的におこなっております。

■ 学歴

鹿児島大学理学部物理学科

大阪大学法科大学院卒

 

 職歴

​2015年

​2015年

弁護士登録、法律事務所および大阪大学知的財産センター勤務

京都大学産官学連携本部法務部門勤務

​2018年

京都大学産官学連携本部知的財産部門勤務(法務部門併任)

​2020年

当事務所に参加。新医療リアルワールドデータ研究機構株式会社監査役に就任

 著作

「医療品・医療機器(Q&Aでわかる業種別法務)」

 (中央経済社2019年)(共著)

竹山(横向きのみもらいました。)_edited_edited.png

パートナー弁護士

竹山 太郎

Taro Takeyama

竹山太郎弁護士は、民事系法律事務所勤務を経て2016年1月より産連法務部門にて勤務開始。ベンチャー投資案件、ストックオプション発行、企業組織再編を担当しており、会社法案件をはじめとする企業取引に専門性を有しております。

■ 学歴

京都大学経済学部経営学科、京都大学法科大学院卒

 職歴

2015年 弁護士登録、法律事務所勤務

2016年 京都大学産官学連携本部法務部門勤務

2020年 当事務所に参加。京都大学オープンイノベーション機構法務クリエイティブマネージャーに就任

 
岡本(横向き)_edited_edited.png

パートナー弁護士

岡本 哲也

Tetsuya Okamoto

岡本哲也弁護士は、経済団体にて、会社法の制定・改正等についての経済界からの提言に関する業務を主任した他、ベンチャービジネス創出・育成関連業務、道州制等の地方分権関連業務、規制改革関連業務に従事した後、法科大学院を経て弁護士登録しております。京都大学産官学連携本部法務部門では、クリニカルバイオリソース活用会社の設立をめぐる法的ストラクチャー構築関連業務を主任した他、英文契約を含め年間200件を超える研究契約支援法務を担当してきました。また、ベンチャーキャピタルによる投資案件や、京都大学内外のベンチャー企業からの多種多様な相談案件など、ベンチャー関連法務を多数担当しております。

■ 学歴

大阪大学法学部法学科、京都大学法科大学院卒

 

 職歴

2000年 公益社団法人関西経済連合会勤務

2016年 弁護士登録、法律事務所勤務

2017年 京都大学産官学連携本部法務部門勤務

2020年 当事務所に参加

 
210629mukai_190_127x89_edited_edited.png

弁護士

向井 量一

Ryoichi Mukai

向井量一弁護士は、大学病院が行う治験、臨床研究、医学系指針案件等を中心となって担当しており、薬機法、GCP省令、臨床研究法、医療情報関連規制等に非常に高い専門性を有しております。また、アメリカの法律事務所と連携することによる米国法人(LLC)設立、ジョイント・ベンチャー契約の策定など、幅広い企業法務案件に経験を有しております。

■ 学歴

同志社大学法学部法律学科卒、神戸大学法科大学院卒

 

 職歴

2017年 弁護士登録、京都大学産官学連携本部法務部門勤務

2020年 当事務所に参加

 
 
野村プロフィール用_edited_edited.png

弁護士

​野村 龍男

Tatsuo Nomura   

野村龍男弁護士は、主にメーカーやウェブサービス事業者などのクライアントに対し、会社運営及び新規事業に関する戦略的助言、規制対応、並びに契約書作成等の法務サービスを提供してきました。また、経営者及び法務担当者を対象とした各種セミナーの講師も務めています。

■ 学歴

同志社大学法学部法律学科卒、京都大学法科大学院卒

 

 職歴

2020年 弁護士登録
2021年 当事務所に参加